2019年を振り返り。

こんにちは。理容師の黒川結子です。

2019年は心地よい暮らしをするために、私自身の体力アップに時間を注いだ1年でした。

癌治療をした肉体の後遺症と、太りすぎた肉体の機能低下がある私の今の状態に合うトレーニングを試していく中で見つけた、まさかのベリーダンス。

 

1月に個人まりとしたベリーダンスチームに参加。

 

デビューとして3月に老人ホームの慰問が決まり、それを皮切りに毎月何処かで踊る事になりました。

 

“身体のために”という想いありき。

 

しかしながら、人前で踊るのですから可能な限り今の自分の精一杯の踊りをしようと思い、自主練をする日々が始まりました。

 

 結果、身体は絞られてくる

体力がついてくる

体が軽くなる

動きが軽快になってくる

心も弾む

ダンスも上達してくる

心身の躍動を感じている

楽しい

そして12月、老子ケアホーム慰問で締めくくる。

 

自分自身の身体のためにしていたのだけど、そこから見えてくる心模様や、これからのサロンの在り方などを良い方向に考えることが増えました。

まだ確固たる言葉での表現はできないのだけど、明るい兆し(*^^*)

50代になった身体は心の若さに(笑)ついていけないことを、嫌でも感じる。

だからといってそれを悲観するのではなく、それも受け入れながら老いでいく時間をゆっくりすればいいという考え方を私のサロンに来る方には提案したい。

癌治療がプラスされている身体は、普通に老いていく肉体よりももっと過酷。それを知っている私だから出来ること。

2020年はそんな事を形にしていけるように動こうと思います。

 

今年もご来店いただきましてありがとうございました

2020年が佳き一年となりますように

IMG_4303