自分の声を知ると自分が好きになる

割とあるあるみたいね。自分の声が耳で聞こえているのと録音で聞いた時のギャップ。
初めて留守番電話の自分の声を聴いた時の「誰?」感ショック(笑)
声診断を受けて自分の声が好きになった理容師の黒川結子です。



先日、Facebookで信頼できる方が”声診断”体験の投稿をしていたのを見て「受けたい!」とコメントしていました。

さっそく声診断士のnanaさんからコメントがあり、早々に受けました。
ZOOMによるオンラインで受けることができるっていうのもお手軽でいいけど、初めての方に自分のことを話すって、まぁ緊張しますよね。。
でも、せっかく診断してもらうのだから、ありのままの声が他人にはどのような印象に聞こえるのか?を知りたかったのでいつも通りの声を発したつもり。

声は振動(バイブレーション)で聞こえる。そして波動(エネルギー)。
声の音域、音階で細かく診断ができるし、体調や感情でも変化するとのこと。
でも、そもそも持ち合わせている声質はあるそうで、それを今回はお伝えいただきました。

色とグラフで視覚的に出してもらえるのと、診断士の説明がとってもわかりやすかった。

診断結果は、想像を超える内容で、例えば治療とか、癒しとか、自分探し、ビジネスマインド、婚活などなど、いろいろと役立つのでは?!と思いました。

なので私自身も今回の声診断のことを自身のFBに投稿したところ、続々とコメントが寄せられて、いつもはコメントをしない方までもコメントされていてちょっと複雑(笑)

受けたい人が多いだろうなと予測ができたのと、声コンプレックスの方は受けたら自分の声が好きになるから受けてもらいたい!と思っての投稿だから大成功でした。



さて。診断の結果ですが・・
冒頭で書いた声のギャップについて。
笑っちゃうくらい、自分に響いている声と、他人に聞こえている声が真逆のところでしたよ。
また自分が認識している性格とか思考の癖なども顕著にでていた・・
丸裸にされちゃうかんじ?(*ノωノ)
そして接客業という仕事には適した声の本質だということと、実はメッセンジャーとしても資質があるとのことでした。

診断のキーワード:100か0か…論破…
診断の色キーポイントがマゼンタとブルー(紺色)
偶然にも、今年の夏は意識して購入していた色がマゼンタ。
着物回りなどにはブルー。
ブルー色については、今年に限ってないけど・・
色の力もまたエネルギーなので、偶然だけど偶然じゃないとおもう。
余談でした

音声心理士(声診断)nanaさんのnoteは➡こちら