「うなじ」「えりあし」のうぶ毛とシェービング

うなじと衿あし

今日は「うなじ」と「えりあし」(衿あし、襟足)についてと、衿あしのシェービングについてお伝えします!

こんにちは。
敏感肌シェービング理容師の黒川優子です。
前回は「うなじ」のうぶ毛とシェービングについてお伝えしましたよ。

 

「うなじのシェービング」と「えりあしのシェービング」って違うの?

女性のシェービングで衿まわりのシェービングは、うなじのシェービングや、えりあしのシェービングといった呼び方があり、違うものかな?と思うことありませんか?

後ろから見える首のことを⇒「うなじ」と呼び

後髪の生え際のことを⇒「えりあし」と呼ぶ

 

理容学校の教科書(理容理論)では、(右側/左側)頸部-けいぶ-後頭部と表記され、総称して「えり足」となっています。

また、襟剃りえりそり-と呼んだりもしています。

理容室では、いずれも同じ部位のシェービングとして受け取ることがほとんどだと思いますので、「うなじ」でも「えりあし」「えりそり」でも、好きなように言ってもらってOKです。

 

とはいえ、言葉や文字で伝えるときに非常に分かりにくいと思うので、画像で分かりやすく示してみました。
そして花結のブログ記事および、メニューの表記は「うなじ」と「えりあし」として区分して、総称を「えりそり」とお伝えしていこうかな。

 

花結に予約

花結への行き方